TOP
40.91score

laserscheap

カラス レーザー静岡県

静岡県は理化学研究所(理研)と共同で、トンネルの維持管理のための点検にカラス レーザーポインターを用いた新技術の導入を検討している。背景にあるのは、維持管理費の急激な増加や担い手不足。新技術の導入により、作業員の負担軽減と生産性の向上を図る。2019年度以降の導入を目指す。

カラス対策撃退レーザーポインターハト鳥駆除10000mw グッズ

鳩 動物害虫よけ退治ベランダレーザーポインター緑効果100%有効,カラスレーザー10000mw激安人気販売, このグッズは高品質、射程も遠い、携帯に便利、鼠、ゴキブリ、スズメなど瞬間撃退!


県道路保全課によると、県内の社会資本の維持管理費用は12年時点で約280億円。15年後の27年には約530億円まで跳ね上がると推計されている。14年7月からはトンネルや橋などで5年に一度の点検が法定化され、現場の負担も増している。県が管理する145トンネルのうち建設後50年以上経過するのは17年3月時点で38トンネルで、20年後には93トンネルに達する見通し。このため、現在は毎年約30カ所で目視と手作業で行う点検の精度向上や、長時間の交通規制に伴う渋滞解消も課題となっている。
新技術の導入に向け、県は理研に実証実験のための現場や情報を提供。理研の光量子工学研究領域が16年、屋外での超高出力レーザーポインター計測機の動作や計測精度を確認した。試行錯誤を経て、国土交通省が目安として示した0・2ミリのひびも把握可能になったという。

レーザー彫刻機diy小型家庭用 低価格、1500mwレーザー加工機

ミニレーザー刻印 機USB対応、卓上小型、軽量、DIY道具、業務用、windows対応、多様な用途・素材に対応、高性能の中国レーザー彫刻機です。


18年度は計測機を車両に載せて走らせる実験も行う。点検による渋滞を防ぐため、将来的には時速50キロでも精度を保ちながら計測可能とするのが目標だ。計測した記録をデータベース化すれば点検済みの箇所が一目で分かり、一層の作業効率化が期待できるという。
猫レーザーポインター安全光量子工学研究領域長の緑川克美さんは「実用化に向けて大きく前進した。基礎研究の成果を社会に還元できれば」と意気込む。

.

最終更新日:2017-06-17 17:00

コメント (0)