TOP
43.01score

laserscheap

レーザー周波数

狭線幅の連続波(CW)レーザーカラス撃退は、原子物理学、分子物理学、光学物理学のあらゆる分野で利用されます。多くの科学分野で、精密測定を発展させる重要な役割を担ってきましたが、今後もその役割は継続するでしょう。レーザーの「フリーランニング(自由駆動)」線幅、または短期間の安定性は、レーザー周波数を積極的に安定化させない限り、多くのアプリケーションに適さないことがよくあります。このアプリケーションノートでは、レーザー周波数安定化のための強力で簡潔な技術をご紹介します。

グリーンレーザーサイト、銃用レーザーポインター 狩猟照準器

猟ライフルレーザーポインター、緑赤外線 レーザーサイト エアガン 、 直進する性質を持つレーザー光を直接目標に当てて狙う照準器。


精密分光法と原子および分子システムの操作は、過去数十年間におけるCWレーザーポインターの安定性の向上によりもたらされた恩恵を直接享受しています。たとえば、光学遷移をベースとする原子時計は、レーザー冷却したサンプル1で利用できるサブヘルツ帯の線幅を正確に調べるために、極めて安定したレーザー光源が必要です。重力波(LIGO2など)を探査するような干渉計測も、周波数と振幅ノイズが極めて低い、狭線幅のレーザーシステムの有無に決定的に左右されます。

次のセクションでは、緑色レーザーポインター安定化に使用されるフィードバック制御システムの主な特徴をご説明し、その重要な役割を強調します。その後、必要なコンポーネントの詳細と、そのシステムのシンプルな実装方法についてご説明します。

レーザー手袋dj舞台演出、手からレーザーグリーンおすすめ

指先からレーザーでる手袋 演出用効果、 レーザービーム グローブ 、パーティー、KTV歌手出演など活躍の舞台に、その激安グリーンレーザー手袋は娯楽効果あげる 。


レーザー周波数をファブリーペロー型共振器の共振に厳密にロックするには、高
S/N比で共振を高速に検出する必要があります。これはシステム性能を最終的に決定する要素なので、フィードバックループで最も重要な部分と言えるでしょう。赤色レーザーポインター周波数と空洞共振の差異を、V/Hz単位で与えられる弁別係数Dで電圧に変換します。弁別電圧、または「エラー」信号を取得する方法には幾つかあります。最も単純でわかりやすいアプローチは、共振器の透過フリンジの側面にロックすることです。このサイドフリンジロック手法では、透過率のピークのいずれかの側面上のスロープを利用し、レーザーの周波数変動を振幅変動に変換し、それをフォトダイオードにより検出します。

LEDライト付き 赤レーザーポインター高輝度レーザーライト

レーザーポインターLEDライト付 2in1は輝度LEDライト搭載だから、暗い所でも照明として使用可能。懐中電灯よりも使い勝手が良く、置いても使用しても良し、持ち歩いて使用も良しです。


実装は簡単ですが、幾つかの難点があります。第1に、レーザーポインター 野外からの振幅変調(AM)がエラー信号に直接つながるので、フィードバックループは周波数変調(FM)とAMの違いがわかりません。そのため、レーザー振幅の変化は、レーザー周波数上に「書きこまれる」ことになります。第2に、ファブリーペロー型共振器の光子ライフタイム8により、レーザーの周波数変動が高速だと、共振器を通過する透過率で検出されません。

.

最終更新日:2017-07-26 16:51

コメント (0)